お店やオフィスなどの間仕切 パーテーションなどに ガラススクリーン用のポールです ガラススクリーンポール ブースバー Sタイプ 135度二方 ボルト固定 L500mm ニッケルサテン 32mm ボール頭45 x 最新 お店やオフィスなどの間仕切 パーテーションなどに ガラススクリーン用のポールです ガラススクリーンポール ブースバー Sタイプ 135度二方 ボルト固定 L500mm ニッケルサテン 32mm ボール頭45 x 最新 www.atelier-marguerit.com,32mm,ガラススクリーンポール(ブースバー),ニッケルサテン,お店やオフィスなどの間仕切、パーテーションなどに。ガラススクリーン用のポールです。,Sタイプ,L500mm,135度二方,ボール頭45,16014円,/aughtlins1296388.html,x,インテリア・寝具・収納 , 間仕切り , スクリーン,ボルト固定 16014円 お店やオフィスなどの間仕切、パーテーションなどに。ガラススクリーン用のポールです。 ガラススクリーンポール(ブースバー) Sタイプ 135度二方 32mm x L500mm ボール頭45 ボルト固定 ニッケルサテン インテリア・寝具・収納 間仕切り スクリーン 16014円 お店やオフィスなどの間仕切、パーテーションなどに。ガラススクリーン用のポールです。 ガラススクリーンポール(ブースバー) Sタイプ 135度二方 32mm x L500mm ボール頭45 ボルト固定 ニッケルサテン インテリア・寝具・収納 間仕切り スクリーン www.atelier-marguerit.com,32mm,ガラススクリーンポール(ブースバー),ニッケルサテン,お店やオフィスなどの間仕切、パーテーションなどに。ガラススクリーン用のポールです。,Sタイプ,L500mm,135度二方,ボール頭45,16014円,/aughtlins1296388.html,x,インテリア・寝具・収納 , 間仕切り , スクリーン,ボルト固定

お店やオフィスなどの間仕切 パーテーションなどに ガラススクリーン用のポールです 送料無料激安祭 ガラススクリーンポール ブースバー Sタイプ 135度二方 ボルト固定 L500mm ニッケルサテン 32mm ボール頭45 x 最新

お店やオフィスなどの間仕切、パーテーションなどに。ガラススクリーン用のポールです。 ガラススクリーンポール(ブースバー) Sタイプ 135度二方 32mm x L500mm ボール頭45 ボルト固定 ニッケルサテン

16014円

お店やオフィスなどの間仕切、パーテーションなどに。ガラススクリーン用のポールです。 ガラススクリーンポール(ブースバー) Sタイプ 135度二方 32mm x L500mm ボール頭45 ボルト固定 ニッケルサテン






商品名 ガラススクリーンポール(ブースバー) Sタイプ 32mm 135度二方
品番 BSS32-135Y-500-B45-B-N
材質 真鍮製
化粧頭 ボール頭45 高さ:60mm
ポール溝 135度二方 溝幅:8.7mm
ポール径 32mmφ
ポール長さ 500mm ※ポールの実寸となります
ポール全高 化粧頭の高さ + ポール長さ = ポール全体の高さ
固定方法 ボルト締め 3分(3/8)
表面 ニッケルサテン
付属品 3分ボルト + ナット + ワッシャ 各1
販売単位 化粧頭(1) + ポール(1) + ボルト(1) = 1本での販売単位となります

ガラスの左右両側にポールを立てる場合には2本ご購入ください
納期 通常1~2営業日ほどで発送可能です
返品・交換 こちらの商品は返品・交換が不可となります
備考 ・こちらの商品は化粧頭と丸座を組み立てて出荷いたします

お店やオフィスなどの間仕切、パーテーションなどに。ガラススクリーン用のポールです。 ガラススクリーンポール(ブースバー) Sタイプ 135度二方 32mm x L500mm ボール頭45 ボルト固定 ニッケルサテン

地球の物語の、つづきを話そう。

詳細はこちら 

卓越した操業を実現する OpreX 5カテゴリー

OpreX ブランドサイト 

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

自動から自律の時代へ

YOKOGAWAは自律操業が進んだ産業界の未来に向けて、IA2IA(Industrial Automation to Industrial Autonomy)を提唱しています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。


トップ